Bor's N' Roses

LOVE ME! LOVE MY DOG’S! ボルゾイのワッティとエルマー、rindaの日々を作りあげる日常レシピメモ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヘルタースケルター

へるたー1
観てきました。

色彩美・世界観が好み

ポストカード買って額に入れた

へるたー3

へryたー2


☆☆☆☆(5☆中4☆)
スポンサーサイト
  1. 2012/07/26(木) 13:29:06|
  2. MOVIE

パク・チャヌクのヤバい映画

悪魔を見た
『悪魔を見た』

哀しき獣
『哀しき獣』

復讐者に憐れみを
『復讐者に哀れみを』

チェイサー
『チェイサー』


オールドボーイ
『オールドボーイ』

拷問・復讐・惨殺

過激でエグいですが、その中にも人間の哀しい業が描かれているので好きな監督さんです。

くれぐれも、血とかに弱い方はオススメしません。

あと、『親切なクムジャさん』という作品もありますが個人的にイマイチでした。

  1. 2012/06/29(金) 12:04:33|
  2. MOVIE
  3. | トラックバック:0

GRAN TORINO

グラントリノ2

公式サイト

俺は迷っていた、人生の終わらせ方を
少年は知らなかった人生の始め方を

ストーリー

妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、
自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、
愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合い交流が始まるが・・・


グラントリノ1


この映画がクリントの俳優人生最後の作品と示唆されていますが、本当に素晴らしい映画でした。

ウォルト(クリント・イーストウッド)は、とんでもなく頑固で、とんでもなく差別主義のじいさんですが、
元軍人でベトナム戦争や朝鮮戦争に従軍していた人間で、その戦場での暗い過去を引きずってトラウマに苦しみながらも、心の奥底には強い正義がある人物であったと思います。

息子や孫には人種差別主義者の偏屈で頑固な老人と言う風にしか見られていませんが、
隣に越してきたにアジア系移民(モン族)の姉弟が起こした些細な事件がきっかけで、
忘れかけていた、人間の温もりや心の触れ合いを感じ、頑固な老人の心が少しづつ開いていきます。
その辺りの描写が凄く丁寧に描かれていました。
その事をきっかけに、彼らの人生は大きく変わっていくことになるのですが・・・・

ラストは、過去に経験した戦争体験からくる贖罪の思いと愛。
老いるという事、生と死。
強いメッセージ性を感じました。

涙がジワっと溢れる作品でした。

最高でした。



グラントリノ4

クリント現役、79歳です
  1. 2009/10/08(木) 14:47:27|
  2. MOVIE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

SEX AND THE CITY THE MOVIE

久しぶりの映画ネタです (・∇・`*)

SATC1

ストーリー



キラキラと輝く街マンハッタンで、それぞれが欲しがっていた愛“LOVE”と肩書き“LABEL”を手に入れた4人の女性たちがいた。
10年間付き合ったり別れたりを繰り返した青年実業家ミスター・ビッグ(クリス・ノース)と、ついに結婚する事になったライターのキャリー・ブラッドショー(サラ・ジェシカ・パーカー)。愛とセックスを両立できる年下の彼氏を見つけ、彼をスターにするためにロサンゼルスへと移り住んだPR会社社長のサマンサ・ジョーンズ(キム・キャトラル)。理想の結婚を果たし、優しい夫と可愛らしい養女を迎えて順風満帆の結婚生活を送っているシャーロット・ヨーク(クリスティン・デイビス)。そして、バーテンダーの夫との間に生まれた息子と3人で幸せな家庭を築き上げた弁護士のミランダ・ホップス(シンシア・ニクソン)。
4人それぞれが幸せを掴んだはずだった。しかし、現実はおとぎ話のようにはいかないのだった・・


↓完全ネタバレです



6年間続いたドラマの映画ヴァージョン。。

4人は相変わらず歳を重ねてもお洒落でチャーミング。

SATC2

くっ付いたり離れたりした、キャリーとビッグも遂に!結婚式を挙げることになるのですが・・・

劇中、VOGUEの取材記事という事で様々なウェディングドレスを着るキャリー。

ラクロワやディオール、ヴィヴィアン・・・
私は、最初に着たヴェラウォンのドレスが1番好きだったなぁ~

式当日は、ヴィヴィアンウェストウッドからプレゼントされたドレスを着るんだけど、この結婚式が最悪の事態を招いてしまうのよね・・・(´□`|||)
でも式当日、ブライドメイドの3人は、赤・ブルー・黒のドレスを着てた。
どれも素敵だったな。

個人的に1番好きなキャラのサマンサは、恋人スミスと一緒にLAに移り住むんだけど、事あるごとに
NYに戻ってくる。

欲しかったダイヤの指輪のオークションでは『5万($)出せば文句ないだろ!』とエキサイトしてブチ切れたり相変わらずのサマンサ節健在で嬉しかったな。

キャリーは、いつもビッグに振り回されてばかりだけど、恋愛の事何でも相談できる友達がいるって凄くいい事。

泣く映画じゃないのに、何度もウルっとくるシーンが一杯でした。

後半、サマンサが衝動買いしてしまう腰振り犬(ヨーキー)が随所に出てきて笑えた。

サマンサ以外の3人はオーバー40になったワケなんだけど、いくつになっても女力は必要よね。っと思う映画でした。

年下の恋人スミスに『あなたの事愛してる・・けど私は自分をもっと愛してるの』と言って別れを告げる
サマンサ。。彼女らしい恋の終わらせ方でしたね~

そして、最後のシーンではサマンサ50歳のバースデー

いやぁ50歳であの美貌とスタイル(劇中では7㌔太った設定になってたけど)さすがです!!

と、サマンサ好きな私は、彼女寄りの目線で見てしまったワケだけど、この映画は実は泣けます、笑えます、感動します。

ドラマの方を見てない人でも楽しめるんじゃないかな?


LOVEが一杯でした
  1. 2009/01/30(金) 19:14:47|
  2. MOVIE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。